東京国際フォーラムで初めて モバイル型コミュニケーションロボットを活用したOmotenashiの実証実験を開始  ~12月13日(木)から~ [2018.12.12]

東京国際フォーラムは、シャープ株式会社の協力、株式会社ゲンのプロデュースにより、東京国際フォーラム案内所におけるモバイル型コミュニケーションロボット「RoBoHoN(以下、ロボホン(注))」導入実証実験を12月13日から約1ヶ月間実施します。 東京国際フォーラムで初めてコミュニケーションロボットが案内係(コンシェルジュ)になります。

本取組みは、東京が目指す「PRIME 観光都市・東京」に貢献すべく、訪都外国人観光客をはじめ多くの人々が訪れる東京国際フォーラムの案内所で、東京らしい近未来を感じさせるOmotenashiの形で来館者をお迎えし、驚き・楽しさの体験を提供することによって、東京国際フォーラム及び東京・日本の魅力を発信することを目的としています。
本実証実験では、ロボホンを東京国際フォーラム ガラス棟1階 案内所に設置し、ロボホンによる挨拶・声がけ、館内情報提供、通訳(日・英・中)等を行い、来館者とのコミュニケーション促進効果や運用課題等を検証し、実装・導入の検討を進めます。

今後も、東京国際フォーラムは「世界をリードする都心型MICE施設」「文化・賑わいの発信拠点」にふさわしいサービスを提供してまいります。


場所:東京国際フォーラム ガラス棟1階有楽町駅側入口横 案内所

実証実験期間:2018年12月13日(木)~2019年1月17日(木)

PAGE TOP