施設の大規模改修(2009年度~)

1997年にオープンした当施設は、年数経過と長年のご愛顧による劣化のため、2009年から10ケ年計画で、大規模改修工事をおこなっております。
この改修は、東京国際フォーラムを単に竣工当時の状態に戻すだけではなく、技術の進歩を踏まえ、お客様のご要望に十分お応えできる機能へのリニューアル、そして、より安全・安心で、環境問題にも配慮された施設への進化を目指しております。

長期修繕に伴う休館スケジュールPDF PDF)

  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度
  • 2011年度
  • 2010年度
  • 2009年度

2016年度の主な工事

改修内容と作業
ガラス棟屋根鉄骨改修工事
  • 東京国際フォーラムの特徴であるガラス棟の屋根鉄骨部分について、2015年度から塗装工事を進めてきましたが、2016年9月に完了し、竣工当時の状態にリフレッシュされた美しい姿で来館する皆様をお迎えしています。
ガラス棟屋根鉄骨改修工事

ホールCのリニューアル

2016年度は約2ヶ月間休館して改修工事を実施しました。クラシックコンサートやミュージカル、国際会議や講演会など幅広い催事にご利用いただき高稼働を誇るホールCが、更に快適で安全・安心なホールに生まれ変わりました。

 
舞台床全面張替
  • 舞台床の全面を総ヒノキ集積材の舞台床(厚さ40mm)に張り替えました。
舞台床全面張替
ロビーカーペット張替
  • 2階ロビーのカーペットを、メインテナンス性は確保しつつ、竣工当時のサイザル麻に近い風合いのカーペットに張り替えました。
ロビーカーペット張替
2・3階席縦通路手すり設置
  • 安全性の更なる向上のため、2・3階席縦通路に手すりを設置しました。設置にあたっては着席時の舞台の見え方や色合い等にも配慮しました。
2・3階席縦通路手すり設置
塗装塗替え、シール打ち替え
  • 各階ロビー回りの壁・天井・柱・梁の塗装を塗替えました。
  • 1階正面入口キャノピーの塗装を塗替えるとともに、シールを打ち替えました。
  • 1階ロビー光床の内部塗装を塗替えるとともに、シールを打ち替えました。
塗装塗替え、シール打ち替え
舞台機構の改修M
  • 舞台機構の制御機器が万一故障した場合に、遠方の舞台機構制御盤室でなく、引き続き舞台袖で機器を見ながら安全に操作できるよう、緊急用の操作器を設置しました。
舞台機構の改修
舞台音響の改修
  • ロビー・楽屋内BGM用スピーカーの更新・新設及び音響操作器の更新・新設を行いました。これにより音質・操作性が向上しました。
舞台音響の改修
舞台照明の改善
  • 客席高天井及び側壁上部照明をLED化しました。LEDの電力消費量は従来の照明器具に比べて半分程度となります。
  • シーリング内のムービングスポットライト及びムービング用操作卓を更新しました。これにより操作性等が向上しました。
舞台照明の改善
トイレの改修
  • 和式トイレの洋式化、節水型トイレへの更新等を行いました。
 

2015年度の主な工事

改修内容と作業
館内サインの改修
  • ご来館者のお客様にわかりやすく質の高い施設づくりを目指し、ピクトサインの統一、日英中韓の4カ国語表示、内照式サインのLED化など、館内サインを見直し改修しました。また、ブロックごとのサイン表示色にはより鮮明な色を採用し、視認性を向上させました。
館内サインの改修
ホールE(旧 展示ホール)の改修
  • 通算約4ヵ月半休館し、天井内空調機30台の更新、天井パネルの落下防止措置の強化、天井ダウンライトのLED化、床・柱等の塗装塗替えなどの改修工事を実施いたしました。
    施設・設備をリフレッシュしただけでなく、省エネルギー化、更なる安全性の向上を図りました。
ホールE(旧 展示ホール)の改修
大型催事情報表示板の更新
  • ホールEロビー上部に設置されている大型催事情報表示板は、当日館内で開催されるイベントの情報(催事名、施設名、開催時間)等を大きく表示しています。この表示板をLEDディスプレイから液晶ディスプレイへ変更し、これまで以上に明るくかつ見やすくしました。また、動画・静止画がカラー表示できるようになり、アピール力が高まりました。
大型催事情報表示板の更新
ホールB7・B5 吊物機構制御システムの更新
  • 経年劣化対策に加え、安全性の更なる向上、操作性・作業性の向上などを図るため、吊物機構制御システムの更新を行いました。
ホールB7・B5 吊物機構制御システムの更新
ホールB7ロビー改修
  • 壁の塗装塗替え、PC柱の補修、皇居側大型凹窓フレーム塗装塗替え等、ロビー全体をリフレッシュさせました。
ホールB7ロビー改修
ホールB5ロビー改修
  • 苔色の曲面壁が印象的なホールB5ロビー。この曲面壁をはじめ、皇居側のアルミルーバーやパネルの塗装塗替え、天井のパウダーコーティング塗装等、ロビー全体をリフレッシュさせました。
ホールB5ロビー改修
ホールB5照明のLED化
  • ホールB5の天井及び光壁照明器具をLEDに更新しました。これにより、柔らかな照明の風合いはそのままに、消費電気量を大幅に削減することができます。
ホールB5照明のLED化
ホールB5空調機の更新
  • 経年劣化対策に加え、省エネルギーのため、ホールB5の空調機を更新しました。これにより、消費電力の削減が期待できます。
ホールB5空調機の更新
ホールD7引き出し式収納席(ロールバックチェア)の改修
  • 離席時の衝撃音軽減のための緩衝起立システムの採用、椅子背面にパンフレット等を入れるポケットの追加などお客様の利便性・快適性を高める工夫を施しました。
    また、足元灯をLEDランプに変更するなど省エネルギーにも配慮しました。
ホールD7引き出し式収納席(ロールバックチェア)の改修
D棟ロビー(3~7階)の改修
  • ホールD7・D5などのあるD棟の3~7階のロビーの改修を行いました。床タイルカーペット張替え、天井・壁・扉の塗装塗替えなどにより、ロビー周りをリフレッシュさせました。
D棟ロビー(3~7階)の改修
B棟・D棟の外壁等建築改修工事
  • 外壁アルミパネルや窓サッシュなどのコーティングやシール打ち替え、PC(プレキャストコンクリート)のヒビ・欠損の改修やシール打替えなど、建物外周部の改修を行い、竣工当時の状態にリフレッシュしました。これには、建築構造物の維持延命化の効果もあります。
B棟・D棟の外壁等建築改修工事
B・D棟光壁・光床の改修
  • 東京国際フォーラムの建築美を浮かび上がらせる“光壁”と“光床”。2015年度はB棟とD棟の光壁・光床を改修。照明機器内側の白塗装を塗替え、照明のLED化を行いました。光壁・光床は竣工当時の美しさを取戻し、省エネルギー化も図られました。
B・D棟光壁・光床の改修
ガラス棟屋根鉄骨改修工事
  • ガラス棟屋根鉄骨部分を再塗装し竣工当時の状態に戻すリフレッシュ工事を行っています。工事を安全に実施するため、鉄骨部分の下には全面養生シートが張られ、ガラス棟内部からは天井の美しい梁が見えない状態となっていますが、完了予定の2016年9月には、竣工当時の状態にリフレッシュされた美しい姿を再び現わします。
ガラス棟屋根鉄骨改修工事

2014年度の主な工事

改修内容と作業
JR京葉線側階段改修工事
  • 手摺、フレーム等の鉄骨塗装、階段部分のクリーニング等を行い、竣工当時の状態にリフレッシュしました。
JR京葉線側階段改修工事
ガラス棟屋根鉄骨改修準備工事
  • ガラス棟屋根鉄骨部分を再塗装し竣工当時の状態にリフレッシュする工事を2015年度から実施いたします。
    この工事にかかる安全対策工事(工事用ゴンドラ、通路の設置、ネット設置)を2014年度から行っています。確実な安全対策をもって順次工事を行い、2016年9月には竣工当時の状態にリフレッシュしたガラス棟屋根鉄骨が再び美しい姿を現す予定です。
ガラス棟屋根鉄骨改修準備工事
地下3階エレベーターホール自動扉改修工事
  • 安全性強化策として、視認性を向上させるためエレベーターホールの自動扉をガラス扉に変更し、自動扉開閉時の巻き込み防止柵も設置いたしました。
地下3階エレベーターホール自動扉改修工事
ホールE手摺改修工事
  • ホールE内の柱周りに設置した柱防護手摺の形状を、角に丸みを持たせたものに改修しました。これにより、手摺に衝突した際の怪我等の防止効果が期待できます。
ホールE手摺改修工事
Cブロック・Dブロック間セキュリティー強化工事
  • 館内移動動線のセキュリティーをより強化するために、Cブロック・Dブロック間の扉を交換しセキュリティーシステムを設置いたしました。
Cブロック・Dブロック間セキュリティー強化工事
ガラス棟喫煙所設置
  • 東京国際フォーラムは館内完全分煙としており、これまでガラス棟会議室ご利用のお客様には、地上広場に面したBブロック1階の喫煙所をご利用いただいておりました。これまで懸案だったスペースやダクト等の課題を調整し、ガラス棟5階に喫煙所を設置することができました。これにより、ガラス棟会議室等ご利用のお客様の利便性が向上しました。
ガラス棟喫煙所設置
Bブロック2階喫煙所改修
    ホールB7・B5ご利用のお客様向け喫煙所を改修しました。従来の開放型吸煙機からキャビン型吸煙機を導入することで、分煙強化を図りました。
Bブロック2階喫煙所改修 改修前

改修前

Bブロック2階喫煙所改修 改修後

改修後

2013年度の主な工事

改修内容と作業
ホールAリニューアル【第3期】
  • 舞台装置類の更新
    舞台装置の制御システム、舞台用の調光設備・照明器具の更新を行い、お客様の多様なご要望にお応えし、
    よりフレキシブルに舞台空間の演出ができるようになりました。また、省エネ型の照明器具等を導入し環境にも配慮しています。
  • 空調設備の更新
    ホール全体の空調設備を更新しました。空調機(12基)は、省エネ効果を高める機器を導入しました。
  • 舞台木壁のリニューアル
    舞台プロセニアムの木リブの表面突板を全て張替え、竣工当時の状態にリフレッシュしました。
ホールAリニューアル【第3期】
  • 客席のリニューアル
    2010年度の工事に続き、残り約4,000座席を更新しました。新しいクッションで座り心地が向上。
    座面のバネ音も今まで以上に静かになりました。
  • 客席床カーペットのリニューアル
    ロビー回りのカーペットに続き、2013年度はホール内客席床カーペットの張替を行いました。
客席のリニューアル
  • 石階段のリフレッシュ工事
    1階ロビーから2階ロビーをつなぐ石階段を竣工当時の状態にリフレッシュしました。
石階段のリフレッシュ工事
ホール棟の外壁リフレッシュ【第3期】
  • 2011年度の地上広場側外壁、2012年度のBブロック・Cブロック皇居側外壁に続き、Aブロック・Dブロックの皇居側外壁を竣工当時の状態にリフレッシュしました。
ホール棟の外壁リフレッシュ【第3期】
中央厨房の全面改修
  • 厨房器具設備・空調設備の更新及び内装工事等を行い、食品衛生管理を更に強化すると共に、より調理しやすい厨房に改修しました。
    お客様のご期待に応えられるよう、サービスの向上とより美味しい料理のご提供に努めております。
中央厨房の全面改修
ガラス棟鉄骨部の塗装
  • 2012年度に続き、ガラス棟の鉄骨部塗装改修を行い、竣工当時の状態にリフレッシュしました。
ガラス棟鉄骨部の塗装
ガラス棟通路
  • ガラス棟4、5、6階の通路部分のカーペットを張り替えました。
ガラス棟通路
地上広場の植栽植え替え
  • 2011年度の地上広場有楽町側に続き、2013年度は地上広場東京駅側のケヤキと桂の植え替えを行いました。
    竣工後15年以上経過し樹木が大きくなり安全管理上の必要から実施したものです。
地上広場の植栽植え替え
ロビー照明等のLED化
  • 2011年度からロビー照明等のLED化を順次進めています。2013年度は地下1階コンコース、ホール棟楽屋・控室の天井照明をLEDに更新し、省エネ向上を図りました。
ロビー照明等のLED化

2012年度の主な工事

改修内容と作業 工事期間
※工事状況により変動する場合がございます
ホール棟外壁の改修
  • 竣工当時の状態に戻すリフレッシュ工事。
  • ホール棟外壁(B棟・C棟皇居側)の外壁の一部に足場やゴンドラを設置して
  • 順次作業を行います。
ホール棟外壁の改修 工事完了
2012年11月1日~
2012年4月30日まで
ガラス棟鉄骨塗装の改修
  • 竣工当時の状態に戻すリフレッシュ工事。
  • ガラス棟内側ガラス面にゴンドラを設置して、順次作業を行います。
ガラス棟鉄骨塗装の改修 2013年1月19日~
2014年3月31日まで
ホールCの改修
  • 座席の全面改修、空調設備及び音響・照明・舞台機構の更新を行います。
  • 116日間施設を休館し、改修工事を行います。
ホールCの改修 工事完了
2012年12月2日~
2013年3月27日まで
【116日間】
ホールB7・B5の改修
  • ホール内の音響・照明設備及び楽屋・控室の床・天井・壁の更新等を行います。
  • 32日間施設を休館し、改修工事を行います。
  工事完了
2012年12月21日~
2013年1月21日まで
【32日間】

2011年度の主な工事

改修内容と作業 工事期間
※工事状況により変動する場合がございます
ガラス棟室内ブリッジの改修
  • 竣工当時の状態に戻すリフレッシュ工事。
  • ブリッジ周囲に足場を組んで順次作業を行います。
ガラス棟室内ブリッジの改修 工事完了
2011年10月~
2012年2月
地上広場の植栽一部植え替え
  • 地上広場(有楽町側)のけやき、かつらの一部を植替えます。
  • 地上広場の一部に仮囲いを設置して、作業を順次おこないます。
地上広場の植栽一部植え替え

>>地上広場

工事完了
2011年11月~
2012年2月
ガラス棟地下1階内部の壁面木リブの改修
  • 竣工当時の状態に戻すリフレッシュ工事。
  • ガラス棟内に一部足場を組んでの作業を順次おこないます。
ガラス棟地下1階内部の壁面木リブの改修

>>ロビーギャラリー

工事完了
2011年6月~
2012年2月10日
喫煙所の改修
  • ホールA及びホールCにある喫煙所にブースを新設する工事。
  • ロビーの一部に仮囲いを組んで作業を行います。
喫煙所の改修

>>ホールA

>>ホールC

工事完了
ホールA
2011年11月11日~
2012年2月10日
ホールC
2011年12月1日~
2012年2月10日
ホールEの改修
  • 床の全面塗装及び音響、電気設備の更新などをおこないます。
  • 42日間施設を休館し、改修工事をおこないます。
ホールEの改修

>>ホールE

工事完了
2011年12月22日~
2012年2月1日
【42日間】
ラウンジの改修(ガラス棟7階)
  • 竣工当時の状態に戻すリフレッシュ工事。
  • ラウンジ内に足場を組んで作業を行います。
ラウンジの改修(ガラス棟7階)

>>ラウンジ

工事完了
2011年12月~
2012年1月31日
ホールD7の改修
  • 照明、音響、電気設備の更新などをおこないます。
  • 36日間施設を休館し、改修工事をおこないます。
ホールD7の改修

>>ホールD7

工事完了
2011年12月1日~
2012年1月5日
【36日間】
ホールD5の改修
  • 床カーペットの貼り替え及び照明、音響、電気設備の更新などをおこないます。
  • 36日間施設を休館し、改修工事をおこないます。
ホールD5の改修

>>ホールD5

工事完了
2011年12月3日~
2012年1月7日
【36日間】
ガラス棟屋上設備の改修
  • ガラス棟の屋上にあるゴンドラ設備の改修工事。
  • ガラス棟入口(東京駅側)脇の外壁に足場を組んで作業を行います。
ガラス棟屋上設備の改修 工事完了
2011年10月~
12月22日
ホール棟外壁の改修
  • 竣工当時の状態に戻すリフレッシュ工事。
  • ホール棟外壁(B棟・C棟間皇居側)に一部足場を組んで作業を行います。
ホール棟外壁の改修 工事完了
2011年10月~
11月末
ガラス棟外壁の改修
  • 竣工当時の状態に戻すリフレッシュ工事。
  • ガラス棟外側に一部足場を組んでの作業を順次おこないます。
ガラス棟外壁の改修 工事完了
2011年2月~9月
ホール棟外壁の改修(地上広場側)
  • 竣工当時の状態に戻すリフレッシュ工事。
  • 外壁に仮設ゴンドラを設置し、地上広場を一部区画しながら、順次おこないます。
ホール棟外壁の改修(地上広場側) 工事完了
2011年4月~9月
地上広場柱の改修
  • 竣工当時の状態に戻すリフレッシュ工事。
  • 柱周囲に足場を組んでの作業を順次おこないます。
地上広場柱の改修 工事完了
2011年5月~9月
ガラス棟スロープの改修
  • 竣工当時の状態に戻すリフレッシュ工事。
ガラス棟スロープの改修 工事完了
2011年6月~8月

2010年度の主な工事

ホールA リニューアル[第2期]

世界有数、日本最大級の収容力を誇る、5,012席の大ホール、ホールAがより快適で、よりよい機能を備えた空間に生まれ変わりました。
(ホールA詳細はこちら

ホールA リニューアル[第2期]

舞台床の張り替え 総ヒノキの舞台床全面を張り替えました。
清々しい香りが舞台から漂ってきます。
リニューアルされた舞台床

リニューアルされた舞台床

音響設備の更新 2009年度に導入したメインスピーカーに加えて、補助スピーカーもリニューアル。
よりクリアで厚みのある音響環境になりました。
 
ホール座席の部分リニューアル 2階席・1階席合わせて約950席を新しくしました。
新しいクッションで座り心地が向上。
座面のバネの音も今まで以上に静かになりました。
リニューアルされた座席

リニューアルされた座席

カーペットの更新 2009年度に引き続き、5階ロビーまわりのカーペットをリニューアルしました。
歩き心地が良いと評判です。
リニューアルされたカーペット

リニューアルされたカーペット

控室のリニューアル 控室の扉及び天井の塗り替え、壁紙及び床材の張り替えを行いました。
本番前の緊張の時間も、快適にお過ごしいただけます。
リニューアルされた控室の一つ

リニューアルされた控室の一つ

ホールD1 リニューアル

固定のシアター形式から平土間形式へリニューアル。
固定式のシアター形式ホールから平土間形式に改装したことで、従来の用途に加え、展示や分科会など、お客様のご要望に応じたレイアウトを可能にし、幅広くご利用頂けるようになりました。
(ホールD1詳細はこちら

ホールD1 リニューアル

2009年度の主な工事

ホールA リニューアル[第1期] 舞台音響改修工事

ホールA音響デジタル化とスピーカーの更新をおこないました。
技術の進歩を踏まえ、お客様のご要望に十分お応えできる機能を採用しました。

メインスピーカー

電気設備リニューアルで、照明効果を守りつつ、省エネ機器を採用

ガラス棟鉄骨ライトアップ照明、スロープ照明、ホールE照明の更新をおこないました。
東京国際フォーラムの印象を左右するといってもいいほど重要な存在の照明改修工事。建設当初の照明計画の効果および照明の印象を守りつつ、地球温暖化対策としてCO2削減(年間180t見込)の省エネ効果を高める機器を採用しました。

電気設備リニューアルで、照明効果を守りつつ、省エネ機器を採用

空調設備リニューアルで、機能向上と省エネ効果

ガラス棟会議室の空調(30基)の更新をおこないました。
空調機能向上とCO2削減(年間35t見込)の省エネ効果を高める機器を採用しました。

空調設備リニューアルで、機能向上と省エネ効果

PAGE TOP