地上広場のまちなか水飲栓にボトルディスペンサー式水飲栓が増設されました[2018.3.29]

東京の水道水のおいしさを実感していただくため、2014年8月、東京都水道局により東京国際フォーラム地上広場に設置された「まちなか水飲栓」。水道局のマスコット“すいてきくん”を模したアートオブジェのような水飲栓は、自由に東京水が飲める便利なスポットとして人気を集めてきました。
“すいてきくん”型の水飲栓は、その場で水をお飲みになる方だけでなく、PETボトルや水筒へ給水される方にもご利用いただいていましたが、さらに利便性を向上させるため、給水が容易にできる「ボトルディスペンサー式水飲栓」が今回増設されました。
また、ボトルディスペンサー式水飲栓には、AR機能の付いた「東京水ステッカー」が貼付され、ARを使った水道局の情報発信が行われていきます。
パワーアップした「まちなか水飲栓」は、今後「Tokyowater Drinking Station」として展開されます。東京国際フォーラムにご来館の際には、是非お試しください。

写真(上から)

Tokyowater Drinking Station 全景

給水される外国人観光客の方

オープニングイベントに駆けつけた“すいてきくん”

PAGE TOP