取材・撮影のお申込み

取材・報道用撮影にあたっての注意事項

事前承認
  • 取材・報道用撮影については、運営・管理上の理由から、事前のお申し込みと当社の承認が必要です。
  • お申込の際は、内容確認のためご取材の趣旨等を記載した企画書等を添付してください。
  • 虚偽の申請、或いは当社の承認を得ないままの撮影と認めた場合は、ただちに止めていただくとともに、しかるべき対応を取らせていただきます。
撮影に際して
  • 取材・報道用撮影の際は、警備の必要上、現場にて代表の方に、東京国際フォーラムの腕章を付けていただきます。
  • 取材・報道用撮影は、催事関係者・一般来館者の通行等の妨げにならないように留意し、警備員の指示があった際には従ってください。指示に従っていただけない場合は、取材・報道用撮影の中止や館内からの退去を命じる場合があります。
  • 当館では催事の円滑な運営を最優先としております。催事の都合によっては、ご利用いただけない場合がありますのでご了承ください。
  • 当館ではワイヤレスマイク周波帯を数多く使用しているため、ワイヤレスマイクの使用は混信により、催事と取材の双方に支障をきたすおそれがあります。マイク等のご使用については、有線マイクをお使いください。ワイヤレスマイクの使用は原則として禁止しております。
    やむを得ず東京国際フォーラムの敷地内でワイヤレス機器を使用される際には、必ず事前にご相談ください。
  • 撮影に要する電源として、発電機・ジェネレーターの使用は一切お断りしております。容量の大きい機材をご利用の際はご相談ください。
  • 飲食及び喫煙は所定の場所でお願いします。
  • 当施設及び備品を毀損または汚損した場合、原状復帰または賠償していただきます。
  • 火災及び地震等の緊急事態発生時は、当社担当者、あるいは警備員の指示に従ってください。
    ・消火栓及び消火器等の前に機材を置かないこと。
    ・天井等に設置してある、熱感知器・スプリンクラー等の下に、高熱を発する照明機材等を置かないこと。
    ・防火戸や防火扉を常時開放としないこと。
    ・常に、避難路を確保することとし、通路等を機材でふさがないこと。
撮影素材に関して
  • 掲載誌のご送付あるいは放送日時をご連絡ください。
  • この申込書の内容以外での写真・映像等の使用(二次利用)を禁止いたします。

取材・撮影申込書word word)

PAGE TOP