会社情報

沿革

基本構想から開館まで

昭和55年 12月3日 「マイタウン構想懇談会コミュニティ部会」でシティ・ホールの建設を提言
昭和60年 8月22日 「東京シティ・ホール建設計画基本構想」を発表
(新都庁舎を新宿地区に、東京国際フォーラムを丸の内に)
昭和61年 1月24日 「東京都東京国際フォーラム建設等審議会発足」
(昭和62年12月24日最終答申)
昭和63年 4月1日 条例により東京都国際平和文化交流基金を設立
平成元年 11月2日 国際公開設計競技の審査の結果、ラファエル・ヴィニオリ氏 (米) が最優秀賞
平成2年 4月1日 (財) 東京都文化振興会に国際交流部設置
11月2日 「東京国際フォーラム管理運営検討委員会」発足
(平成4年6月19日報告書提出)
平成3年 12月11日 東京国際フォーラム建設予定地の埋蔵文化財発掘調査開始
(平成4年9月30日調査終了)
平成4年 10月9日 建設工事着工
11月12日 「東京国際フォーラム開設準備委員会」発足
(平成5年8月25日報告書提出)
平成6年 9月1日 (財) 東京国際交流財団 設立
12月1日 東京国際フォーラム施設利用申込の受付開始
平成7年 4月1日 (財)東京国際交流財団は、(財) 東京都文化振興会より国際交流事業の事務移管を受ける。
平成8年 5月31日 東京国際フォーラム建設竣工
7月1日 (財) 東京国際交流財団は、東京都から東京国際フォーラムの貸付を受ける。
平成9年 1月10日 東京国際フォーラム開館

(財) 東京国際交流財団から、(株) 東京国際フォーラムへ

平成9年 1月10日~
3月29日
東京国際フォーラム開館記念"東京ときめきフェスタ"実施
3月1日 ホール・会議室等一般利用開始
平成13年 10月1日 プラザ一般利用開始
12月21日 東京国際フォーラム 株式会社化の発表
平成14年 5月17日 (財) 東京国際交流財団の経営顧問に丸紅相談役鳥海氏就任
8月 東京国際フォーラム開館5周年記念事業の実施
12月13日 東京国際フォーラムの民営化にともなう会社概要の発表
平成15年 4月 1日 国際交流事業の東京都への事務移管
4月4日 (株) 東京国際フォーラムの設立
6月30日 (財) 東京国際交流財団存立期限満了
7月1日 (財) 東京国際交流財団から、(株) 東京国際フォーラムへの事業譲渡

株式会社東京国際フォーラム

2003年(平成15年) 7月1日 株式会社東京国際フォーラム本格稼動/館内サインの一新・ホール等の施設名称の一部変更/開館時間の延長(7:00~23:30)/新施設利用料金体系の導入
7月 地上広場に「ネオ屋台村」登場(以降平日の毎日)
10月 地上広場に「大江戸骨董市」登場(~05年9月:毎月1回開催、05年10月~:毎月2回開催)
11月1日 「相田みつを美術館」オープン
2004年(平成16年) 6月 地上広場に照明灯(ライティングポール/光柱)設置
7月 ネオ屋台村スーパーナイト第1回開催
2005年(平成17年) 4月24日~
5月1日
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2005の実施(以降毎年ゴールデンウィークに継続実施)
2006年(平成18年) 4月 ホールA女子トイレの増設、ホールE用エレベーター設置、東京駅連絡口エスカレーター設置、Bブロック1階地上広場側喫煙ルーム設置(地上広場完全禁煙化)
12月8日~
1月15日
年末イベント「HARMONIA」実施(2007・2008年末にも実施)
2007年(平成19年) 通年 開館10周年記念事業の実施(8月「丸の内KIDSフェスタ」等)丸の内KIDSフェスタは毎年8月中旬に継続実施
6月1日 会議室 G701(4月末竣工)の一般貸出開始
2008年(平成20年) 8月 東京国際フォーラム環境方針の決定
2009年(平成21年) 4月 中期修繕10ヶ年計画に基づく大規模修繕工事の初年度
12月 年末イベント「ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル」の実施(2010年12月も継続実施)
2010年(平成22年) 1月 ガラス棟屋上および同7階テラスの緑化実施
2月 ホールA音響設備等、第1期リニューアル工事終了
2011年(平成23年) 2月 ホールA音響設備等、第2期リニューアル工事終了
3月11日 東日本大震災発生 東京国際フォーラムは帰宅困難者の受入を実施
3月31日 ホールD1 リニューアルオープン(固定座席のシアター形式から平土間形式に改装)
11月 ガラス棟1階 利用受付、打ち合せコーナー リニューアル工事完了
2012年(平成24年) 1月10日 開館15周年

PAGE TOP