アートワーク

多様性の舟

東京国際フォーラムのアートワークは、建築空間と調和しつつ、ここを訪れる人びとに親しみや潤いを感じていただくとともに、施設の文化的な質を高めることを目的として設置されました。「多様性の舟」という言葉で示される作品収集のテーマは、フォーラムのシンボル的な施設であるガラス棟が大きな舟のように見えることと、多様な価値を認め合うという収集の基本的な考え方を表しています。

コレクション詳細一覧

アンディ・ウォーホル、ロバート・メイプルソープの作品は権利の関係上掲載できません。

PAGE TOP